ROSE RECORDS

トップページ

NEWS

曽我部恵一参加、曽我部恵一と井の頭レンジャーズ『GROOVE TUBE』7/19発売

インフォ 曽我部恵一
曽我部恵一参加、曽我部恵一と井の頭レンジャーズ『GROOVE TUBE』7/19発売
曽我部恵一参加、曽我部恵一と井の頭レンジャーズ『GROOVE TUBE』7/19発売

吉祥寺発の最高にルードなジャマイカン・インスト・ファンク・バンド、井の頭レンジャーズ。大人気のコラボ・シリーズ第6弾に曽我部恵一が参加しました。
曽我部の選曲で、Flipper's Guitar "Groove Tube"、Underworld "Born Slippy"の2曲をカバー。お楽しみに!

PARK-1012.jpg

曽我部恵一と井の頭レンジャーズ『GROOVE TUBE』
2017年7月19日 発売
¥1,620(税込) PARK1012 アナログ7インチ+DLコード付き

side A Groove Tube
side B Born Slippy

https://www.jetsetrecords.net/816005296339/

Flipper's Guitarによる90'sジャパニーズ・ポップ・クラシックをカヴァーしたAサイドは、あのエロチックかつ退廃的で甘美な歌詞に、曽我部恵一の歌声がバッチリはまった、ルーディーなロックステディ・ナンバーに仕上がっています。Underworldによる90'sテクノ・アンセム"Born Slippy"をカヴァーしたBサイドは、スキンヘッド・レゲエ・バンドの枠に収まらないオルタナティヴなセンスが遺憾なく発揮された、揺らぎ煌くダブ仕上げ。どちらも文句なし最高のダブルサイダーです!

中村ジョー&イーストウッズ『Bye Bye シティライツ』(7inch+CD)の予約受付を開始&MVを公開!8/13(日)下北沢にてリリース記念イベント開催決定!

リリース 中村ジョー・中村ジョー&イーストウッズ
中村ジョー&イーストウッズ『Bye Bye シティライツ』(7inch+CD)の予約受付を開始&MVを公開!8/13(日)下北沢にてリリース記念イベント開催決定!
中村ジョー&イーストウッズ『Bye Bye シティライツ』(7inch+CD)の予約受付を開始&MVを公開!8/13(日)下北沢にてリリース記念イベント開催決定!

中村ジョー&イーストウッズ『Bye Bye シティライツ』(7inch+CD)の予約受付を開始&MVを公開しました。
8/13(日)下北沢にてリリース記念イベント開催決定!詳細は後日発表いたします。

<ガレージソウル×シティポップ>待望の7inchシングル第2弾!!!
ブルーズやソウル、ファンクといった自らのルーツに根ざしながら、モダンで爽快なポップスを鳴らす中村ジョー&イーストウッズが待望の新曲をリリース!前回から引き続き中村ジョーの盟友・曽我部恵一がミックスとマスタリングを担当。前作「さよならだって素敵なもんさ」は、耳の早いリスナーとショップバイヤーから熱烈な支持を受け、発売後瞬く間に完売となりました。そのリリースから2年ぶりとなる今作では、<ガレージソウル×シティポップ>というバンドのコンセプトを改めて明確にし、そのグルーヴと歌謡性を更に押し広げた2曲を収録。付属のCDのみに収録されたスティーリー・ダン「パール・オブ・ザ・クォーター」のカバーも必聴です。今回も限定プレスにつき、争奪必死の1枚となりそうです。

中村ジョー&イーストウッズ「Bye Bye シティライツ」MV

ROSE209RGB1600.jpg
中村ジョー&イーストウッズ
『Bye Bye シティライツ』(アナログ7inch+CD)
2017年6月14日発売
*6月9日より発送開始予定。
他の商品をご一緒にご注文頂いた場合、6/9以降に一緒に発送させて頂きます。予めご了承ください。
¥1,500+税 ROSE 209

トラックリスト
*7inch
 side A Bye Bye シティライツ ♪sample/mp3
 side B マスタード ♪sample/mp3

*CD
 1. Bye Bye シティライツ
 2. マスタード
 3. Pearl of the Quarter(Steely Dan カバー)

SHOPページへはこちら

 

中村ジョー&イーストウッズ

eastwoods2017.JPG

2014年春、自分のルーツである1960~80年代の音楽をリスペクトした新しいガレージソウルなシティポップを作りたいという中村ジョーの呼びかけにより、ドラムに北山ゆう子、ベースに松木俊郎(Makkin & the new music stuff)、ギターに青芝和行(Backdoor Men)を迎え楽曲制作の為のリハーサルをスタートする。当初ライブを行う予定は無かったが、バンド感を高める為に4月にU.F.O.CLUBにてライブを敢行。出来たての新曲と小坂忠の「機関車」のカバーを合わせた6曲を演奏する。その後、鍵盤にWORLD STANDARDや湯川潮音のサポートメンバーも務める藤原マヒトを加えリハーサルを続行。8月に代々木バーバラでのイベントに参加。新曲を含むオリジナル7曲を演奏。
 2014年の後半にはコーラス、パーカッションに、数多くのアーティストのサポートを務める“おきょん”こと福田恭子、そしてWack Wack Rhythm Bandのテナーサックス三橋俊哉、トランペット国見智子の2人が参加が決まり、現在の8人編成となる。
バンド名は、70年代アメリカンニューシネマから名付けたいと試行錯誤するもしっくりこず、ニューシネマを代表する俳優/監督クリント・イーストウッドより拝借した。

https://joenakamura1970.tumblr.com

曽我部恵一 ラジオ出演情報

メディア 曽我部恵一
曽我部恵一 ラジオ出演情報
曽我部恵一 ラジオ出演情報

本日5/26(金)18:00〜、Inter FM『The Dave Fromm Show!!』に、曽我部恵一がたっぷり生出演します。ぜひお聴きくださいね。

5月26日(金)18:00〜20:00
Inter FM『The Dave Fromm Show』
DJ Joe Yokomizo, Keiichi Sokabe

https://www.interfm.co.jp/dave/

CATEGORY

インフォ ライブ リリース メディア
ライブアーカイブ

ARCHIVE

2017 / 1 2 3 4 5
2016 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12