猫戦『桜 super love』7inchシングルは本日発売です

猫戦『桜 super love』7inchシングルは本日発売です

猫戦の7inchシングル『桜 super love』が本日発売日を迎えました。

20230419112711.jpg猫戦
『桜 super love』

●アナログ7inchシングル
 2023年5月10日発売
 ROSE 304X   ¥1,650(税込)   *限定プレス
 収録曲
   Side A    桜 super love
   Side B    3月号

▽ダウンロード・ストリーミング
 2023年3月22日より配信中
 ROSE 304
 配信ストア https://linkco.re/f3phyY0g
 トラックリスト
   1. 桜 super love


猫戦によるサニーデイ・サービス「桜 super love」の名カバーがアナログ盤7inchシングルとして登場!
カップリングには配信未収録の新曲「3月号」を収録。アートワーク全般を曽我部恵一が手がけ、さらにはクリア盤仕様、限定プレスなどスペシャル感満載でお届けします。


洒脱なバンドアンサンブルとアンニュイさを帯びた可憐なボーカルで注目を集めるバンド、猫戦がサニーデイ・サービス「桜 super love」をカバー!本作は猫戦による「桜 super love」のカバーをライブで聞いた曽我部がラブコールを送り、リリースが実現しました。
「桜 super love」は2016年に発表されたサニーデイ・サービス10枚目のアルバム『DANCE TO YOU』収録曲。現在でもライブで演奏され、ファンの間でも根強い人気を誇る1曲です。
そんなサニーデイ屈指の名曲に春のまどろみのようなアレンジを施した本作。甘く切ないオリジナルの世界観を踏襲しながら、猫戦ならではのあでやかさを添えた必聴のカバーです。



録音が終わるまで、オリジナルを一度も聴きませんでした。心の中の「桜 super love」を閉じ込めたんです。
初めて聴いた2016年。この曲を聴くと、あの年 自分の胸中に充満した気持ち、匂い、色が輪郭を持って思い出されます。
「悲しい」や「寂しい」という言葉にはどうしても置き換えられない心を、いとも容易く、この曲には委ねられました。

個人的なことは、歌になって、また別の誰かの個人的なものに。
こんなにも優しい交信のしかたを、私は他に知りません。

桜の季節、たくさんの人に届きますよう。


猫戦 原田美桜

* * *

下北沢のライブハウスで猫戦の奏でる「桜 super love」を聴いた。フロアのいちばん後ろ、バーカウンターの前に立って。
そこにある儚さ、漂う薄い色のついた風は、ぼくがその曲に閉じ込めようとしてできなかったものだった。
サニーデイの「桜 super love」は、なんというかポップに自立しているが、猫戦のそれには甘い依存と、よって立つ対象も感じられた。サニーデイの浮遊する強さに対して、猫戦のバージョンには平和があった。
男版、女版、と言ってしまってもいいのかもしれないけれど、、、。

そんなわけで、お願いして録音してもらった。出来上がった音源を聴いて、はらりと舞った。
ぼくの中で、桜の花びらがひとつ。早咲きの、淡いピンク色だった。


曽我部恵一


 

 

20230321104328.jpg

 

ARCHIVE

2050 / 1
2024 / 1 2 3 4 6
2023 / 1 2 3 4 5 6 7 9 10 11 12
2022 / 1 3 4 5 6 7 8 10 11 12
2021 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12