冬の踊り子 fuyuno odorico

室内楽的ポップ・グループ。
2003年6月創立。
すべての楽曲を手がける、中心人物の古賀鈴鳴(詩人/美術家/ロック歌手)以外は、ライブやレコーディングのたびごとに、メンバー、編成が替わる。

 

古賀鈴鳴くんと初めて逢ったのは2005年の夏のこと。
あるコンテストの審査員同士としてぼくらは出逢ったのであるが、実はそれ以前にぼくと古賀くんは出逢っている。
彼がオフィスに送ってくれた一冊のアート・ブック。くらくらと気持ちよい幻覚を呼び起こすような、ノスタルジックかつ未来的な作品群が、心のどこかににひっかかったままぼくはその夏を迎えていた。
古賀くんがぼくに見せてくれた、彼が発表した何冊かの詩と絵の本。それらの小品たちも、ぼくには初めて目にしたようには思えなかった。ずっと昔から知っていただれかからの絵葉書のような。
それでぼくと古賀くんはすごく自然に友だちになった。

ここに一枚のCDがある。『JAZZ』という名前のついた。
古賀くんが何年かに渡り録音してきた音のスケッチたち。
カフェオレの泡のような、古い映画のフィルムについた傷のような、あくまで当然のようにそこにある音の粒が、心のなかでぷちぷちとはじける。
文字通り、気持ちのいい音楽。

それは詩のようで、絵のようで、現代音楽のようで、パンクロックのようで、過去のようで、未来のようで、観たこともない映画のサントラのようで、手紙のようで、幼稚なようで、知的なようで、クラシックのようで、そう、そしてJAZZのようで。

こんなに私的で詩的なロックは日本ではあまり見あたらないよね、古賀くん。
そう、ぼくらの好きなフランスにはパスカル・コムラードっていう大先輩がいるけどね。
とにかくおめでとう。そしてこんな素敵なレコードをどうもどうもありがとう。

text keiichi sokabe
illustration suzunari koga

LIVE / SPECIAL / OFFICIAL WEB

冬の踊り子のアイテムをみる

NEWS - 冬の踊り子

ARCHIVE

2018 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
2017 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12