Superyou 7inchシングル『1995』12月27日リリース決定

Superyou 7inchシングル『1995』12月27日リリース決定

元Super Ganbari Goal Keepersのメンバーらが中心となり結成されたバンド<Superyou>が始動!シングル作品をROSE RECORDSよりリリースすることが決定しました。本日より配信がスタート。限定プレスの7inchは12月27日発売です。さらに、1月には曽我部恵一をゲストに迎えたリリースライブの開催も決定!

配信ストア https://linkco.re/nBcsD1Sg

 

20211202162433.jpg ギターポップ/パワーポップ、グランジなどオルタナティブロックの影響をダイレクトに反映させながら、真っ直ぐな想いを歌に託す。終わらない青春を豪快なバンドサウンドで鳴らす新人バンドによる記念すべきデビュー盤です。曽我部恵一がミックスとマスタリングを手がけました。

Superyou『1995』

▽ストリーミング・ダウンロード
 2021年12月3日配信開始
 ROSE 274
 配信ストア https://linkco.re/nBcsD1Sg
 トラックリスト
  1. 1995
  2. Teenage Dræm

●アナログ7inchレコード
 2021年12月27日発売
 ROSE 274X ¥1,650(税込)
 SHOPページ http://www.roserecordsshop.com/ca43/423/p-r-s/
 トラックリスト
  SIDE A 1995
  SIDE B Teenage Dræm

★ライブ情報
 Superyou 7inch『1995』Release Live "Dawn to Sunrise"
 日程:2022年1月7日
 会場:下北沢LIVE HAUS
 出演:Superyou    曽我部恵一
 時間:OPEN 18:30 / START 19:00
 料金:ADV¥3,000 / DOOR¥3,500(+1D)
 予約:superyou.band@gmail.com ※メール本文にお名前/電話番号/住所/人数を明記ください。

 ・定員を通常の半分以下で開催いたします(状況により定員の増減や開催を中止する場合がありますのでご了承ください)
 ・イベントとして入場時に非接触式電子温度計にて、検温を実施。平熱以上の熱がある方、5日以内に平熱を超える発熱をされた方は来場を控えて頂きます。
 ・マスクの着用をお願い致します(マスクを外しての会話はご遠慮願います)



『1995』に寄せて

エレキギターを弾く。情けない気分や憂さを空に浮かべてみる。
少年サッカーを眺めているあの怠惰な永遠に立って、ギターをストロークしている。
決して満たされないが決して擦り切れない今日、Superyou、デビュー。


篠原良彰(ラッキーオールドサン、COPIES)


「動物園の檻から動物は出れない」という歌詞がずっと残っています。
自分たちを閉じ込める檻を壊すことを、彼らは始めるのだと思う。


曽我部恵一


Superyouのデビュー7インチの音源2曲を聴いた。凄くイイ、大好きだわ。
ソングライターである松尾翔平くんが率いていたSuper Ganbari Goal Keepers(以下、SGGK)の楽曲との出会いは、Twitterのタイムラインに偶然流れてきた、彼らのとある楽曲のMV。
あまりにもあけすけリアルナードな歌詞や映像と、それと混じり合うとはとても思えない極上のギターポップセンス溢れた曲のミスマッチ具合に、思わず「アホや、こいつら!」と最大級の賛辞(関西弁→標準語に翻訳すると「最高だ、この人達!」という意味になります)をツイートしてしまったのを記憶しています。
不思議なもので、その最初に感じたちょっとした違和感のようなものがにゅるっと融け、松尾くんの作る楽曲とSGGKのバンドの魅力に取り憑かれてしまうのに、それほど多くの時間は要しませんでした。

そのSGGKがメンバー交代を機にSuperyouとしてスタートするという。そして送られてきたこの2曲、これが素晴らしい。
松尾くんの天性のメロディーメーカーとしての資質が今作でも遺憾無く発揮されて、バンドアレンジと演奏、ミックス&マスタリングの曽我部さんにいたるまでまさにバッチリ。
歌詞については、もはや我らお互いに同思考回路だと認めざるを得ないネガティブ・センテンスが随所にほとばしるものの、あけすけナード感が後退した分、リアルさがより際立っている。
1995年か・・・。松尾くんはまだ小学生だったという。
僕はというと “見たこともない色の音を鳴らすために” などと息巻いて奮闘しながらも、得体の知れない大きなものに飲み込まれて自分を失いつつあった頃。
そして時は経ち、Superyouで松尾くんは現在を描写してみせる。

“ 動物園の檻から 動物は出れない
 朝起きて 帰る
 それだけで すぐに眠くなってしまう ”『1995』

東京の街には、この3行が刺さりまくる食えない若手〜中堅ミュージシャンや芸人、役者の卵などなど、たくさんいるんじゃないかな。
「仕事から帰ったら詩を書こうと思ってたのに、晩ご飯を食べたらもう眠くなったし、まあいいや今日のところは寝てしまおう。」という日々を送ってしまっている初老ミュージシャンの僕(地方在住だけど)も含めてね。

たくさんの絶望した “誰か” がレコード屋で “君” の7インチ盤を見つけて、持ち帰ってくれますように。


八野英史(b-flower)

20211202163047.jpg

ARCHIVE

2050 / 1
2022 / 1 3 4 5 6 7 8
2021 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2020 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2019 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12