関 美彦『HAWAII』2013年10月16日リリース決定!!

関 美彦『HAWAII』2013年10月16日リリース決定!!

過去にも曽我部恵一プロデュースのもとで作品を世に送り出してきた関美彦が、ROSE RECORDSからは初となるアルバムをリリース!

ROSE157.PNG

関 美彦『HAWAII』
2013年10月16日発売
ROSE 157 ¥1,500(税込)

10月3日(木)よりROSE RECORDSオンラインショップの予約受付を開始します。商品は10月11日(金)より随時発送となります。

トラックリスト
01. Desert Rose
02. Hawaii
03. China Town
04. Coming Home
05. 未来
06. 王様と猫
07. 東京のチャーリー・ブラウン
08. Sunny Sky Blues
09. Bloody Rain
10. Black Coffee
11. 詩織

何年か、何十年か、もしくは何百年か経って、いろんなシンガーがこのアルバムに収録されている曲を歌うようになる、そんな夢をみています。(曽我部恵一)

どこまでもシンプルでメロウなそのサウンドは日々の生活のあらゆる隙間に溶け込んでいくかのようで、日常のサウンドトラックと呼ぶに相応しい内容。セルフカバー3曲を含む全11曲を収録した、関美彦の集大成とも言うべく渾身のポップスアルバムです。

 

アルバムに寄せて
2011年3月11日東日本大震災が起こりました。

ラジオから流れてくる音楽。
静かな曲、がんばれという曲、はげます曲。
まったく空虚な音楽ばかりでした。

ぼくはふとラジオをAFNに替えてみました、米軍放送です。
するとドアーズのLightMy Fireやスティーヴィー・ニックスのヒットソングが聴こえてきました。
ぼくの心を落ち着かせてくれたのはこんなロックだったのです。

音楽で重要なのはムードや「におわせる」事ではなくはっきりと考えを伝える事です。
ベトナム戦争を経たAFNから聴こえてきたロックンロールにはその強さがありました。
戦場に向かうヘリコプターの中で兵士の心の中響いていたのはこんな唄達だったのです。

今回のアルバムは津波や地震で生き残った人たち、そして街であの時間を経験した僕たち「シティ」で暮らす人達に向けての音楽です。亡くなられた方達ではなく生き残ったぼくらの音楽です。

 

あの状況できちんとメッセージソングとして機能したを唄「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」を歌っていたアイドルグループ制服向上委員会の橋本美香さんにコーラスをやって頂きました。かつての僕の音楽と同様にセックスのBGMとして、生活の背景としてもきちんと機能するように優れたミュージシャン達は時にはコード譜すらない僕の音楽をその豊かな音楽性で現実に聴かれるものにしてくれました。

実際僕が現場でしていた事といえば彼らとしゃべって笑わせるぐらいのことだったのです。

みなさんありがとう。

関美彦

ARCHIVE

2020 / 1 2 3 4 5 6 7 8
2019 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2018 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12