bonstar『OUTCIDER HIP HOP』3月20日発売決定

bonstar『OUTCIDER HIP HOP』3月20日発売決定

ある夜、下北沢のライブハウス。

4台のターンテーブルと何枚ものレコード。

織りなされた39分20秒のB-BOY交響曲。

超絶DJボンスターによる日々を巡る冒険の記録。

ROSE147RGB.jpgbonstar『OUTCIDER HIP HOP』
2013年3月20日(水)発売
ROSE 147 ¥1,500(税込み)

※ROSE RECORDSオンラインショップでは3月8日より予約を開始し、3月16日から順次発送となります。

<トラックリスト>
1. alone
2. ah baby
3. bonstarのfight the Power(DADDY KANEはだまっちゃいない)
4. 寝ている人
5. 夢 祈り


<曽我部恵一によるライナーノーツより>
こんちゃん(bonstar)は4台のターンテーブルを使って、音楽をつくります。レコードはシールを貼って針を飛ばすことで一定の間隔でループされ、それが重なり合うことで、交響曲のようになっていきます。こんちゃんはレコードをこすったり、ミキサーをたくみにいじったりして、その交響曲に変化をつけていきます。音はどの瞬間も止まっていません。際限なくかたちをかえ変化し続けていきます。気づかないうちに、全然違う風景のなかにいることになります。でも音楽というものはそういうものです。時間の芸術です。そんなことを考えたりもします。ぼくの大好きなヒップホップという音楽は、いつもその事実とともにあるようです。

このライブ盤は、ライブ当日に録音していたものを、ぼくが個人的に聴くために自分でマスタリングしてCDRにして持っていたものです。当初は世界で一枚のCDRのはずでしたが、がまんできずにみなさんにお届けすることになりました。

曽我部恵一


 

bonstar_a-sya_sm.jpg

bonstar プロフィール
1994年、3MC+1DJで活動していたジ・ボントゥーズでECD主催『チェックユアマイク』に出場する。その後、GWE & DJ bonstar、灰汁とグループ名を変えていくも地道に活動を続けていく。主な活動は、2004年THE DEAD PAN SPEAKERS主催第1回『マウントシステム』に出場。2005年静岡Boom Boom Bashにて行われたこだま和文氏のライブにてフロントアクトを務める。2010年『KAIKOO』にMouse on the keys + α として出演。同じく2010年『contrarede presents WHY? live in Japan 2010』に出演。その後灰汁解散。ソロ活動では、O-East『Z祭』、曽我部恵一主催『SHIMOKITAZAWA CONCERT 第十九夜』に出演、渋谷EARにて毎月第二土曜日にライブを行っている。同時にHABIT矢野氏とともにgokartsを結成、HIMO主催『KITASHINJUKU HARDCORE』、音楽ライター遠藤妙子主催『Got to get away』に出演するなど、活動を続けている。 

主な作品
僕の手につかまって w/曽我部恵一,灰野敬二,bonstar,友直,gee(CD)

俺らは生きて灰になる(CD, 2009)

六台のターンテーブル 線の切れたマイク 取り壊される木造住宅(CD, Contrarede, 2010)

サニーデイサービス シングル『One Day』 7inch ライブ音源参加(7inch, Rose records, 2012)

alone(CD, turntableBURNING, 2012)

ARCHIVE

2019 / 1 2 3 4 5 6
2018 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2017 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12