ROSE RECORDS

トップページ

NEWS

ホテルニュートーキョー FUJI ROCK FESTIVAL '18出演決定!本日より期間限定EPを配信&MVも同時公開

インフォ リリース ホテル ニュートーキョー
ホテルニュートーキョー FUJI ROCK FESTIVAL '18出演決定!本日より期間限定EPを配信&MVも同時公開
ホテルニュートーキョー FUJI ROCK FESTIVAL '18出演決定!本日より期間限定EPを配信&MVも同時公開

ホテルニュートーキョーがFUJI ROCK FESTIVAL ‘18に出演することが決定しました(7月29日PYRAMID GARDENにて)。

そして、本日より7月29日までの期間限定にて『Bison EP』の配信がスタート。アルバム『yes?』収録の「Bison」はAchicoをフィーチャーした新たなヴァージョンに、同アルバム収録の「Succession」もオリジナルとは異なるグルーヴが搭載され、アップデートされました。さらに『トーキョーアブストラクトスケーター ep』収録「Dawn」を再構築した「切り取られた時代のフェイク、その先にあるモノ。」を加え、計3曲を収録。ジャケットのアートワークは、グラフィティライター・MAWによるもの。

各ストリーミング配信サイトで配信中(ホテルニュートーキョーのオフィシャルサイト、および配信サイトOTOTOYでは無料配信を実施)。

尚、映像ディレクターTomoko Mikanagi (heyabaji)による「Bison EP」のトレイラーと「Succession (Re:work)」のMVも同時に公開されております。

BISON_ep_jaket.jpg
ホテルニュートーキョー『Bison EP』
※7月5日〜7月26日までの期間限定配信

 1. Bison feat.Achico
 2. Succession (Re:work)
 3. 切り取られた時代のフェイク、その先にあるモノ。

 

若松プロダクション映画 / 白石和彌監督作品『止められるか、俺たちを』の主題歌と音楽を曽我部恵一が担当しています。

インフォ メディア 曽我部恵一
若松プロダクション映画 / 白石和彌監督作品『止められるか、俺たちを』の主題歌と音楽を曽我部恵一が担当しています。
若松プロダクション映画 / 白石和彌監督作品『止められるか、俺たちを』の主題歌と音楽を曽我部恵一が担当しています。

白石和彌監督作品『止められるか、俺たちを』の主題歌と音楽を曽我部恵一が担当しています。
1969年に若松プロダクションの門を叩いた少女の目を通して、当時の若松孝二さんと若松プロを描く青春映画です。主演は門脇麦さん、若松孝二役を井浦新さんが務めています。10月13日公開です。お楽しみに。

映画『止められるか、俺たちを』
2018年 10月 13日(土)公開
テアトル新宿 ほか全国順次公開

監督 白石和彌
出演 門脇 麦 井浦 新 山本浩二 岡部 尚 大西信満 タモト清嵐 毎熊克哉 伊島 空 外山将平 藤原季節 上川周作 中澤梓佐 満島真之介 渋川清彦 音尾琢真 高岡蒼佑 高良健吾 寺島しのぶ 奥田瑛二 他
脚本 井上淳一
音楽 曽我部恵一(主題歌「なんだっけ?」)

上映時間:119分
製作:2018年(日本)
配給:若松プロダクション=スコーレ

**

<曽我部恵一コメント>
思いがけない形で若松孝二と再会した。ぼくが影響を受けてきたのは若松映画そのものだけではなく、若松監督の物作りの姿勢だったんだと今回再確認した。当初はあえて客観的に音楽をつけようと思っていたけれど、いつのまにか若松宇宙の中に取り込まれて、夢中で作曲していたんだ。

**

ここには映画と青春があった
でも私はなにをみつけたんだろう

1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時33歳の若松孝二が作り出すピンク映画は若者たちを熱狂させ、時代の先端を駆け抜けていた。21歳で“若松プロダクション”の門を叩いた吉積めぐみの目を通して、若松孝二と共に映画、青春、そして恋、なにもかもが危うくきらめいていた一瞬の時を描く、青春群像劇!

2012年10月17日の若松孝二監督逝去から6年。いまや日本映画界を牽引する俊英・白石和彌監督が、師匠・若松孝二が時代と共に駆け抜けた時代を描きだす。白石監督自ら「映画を武器に戦ってきた若松さんの声をもう一度聞きたい」と企画した本作『止められるか、俺たちを』は、記念すべき若松プロダクション映画製作再始動第一弾となる。

主演は門脇麦、若松プロダクション助監督・吉積めぐみ役を熱演。そして若松孝二役は若松組常連・井浦新。こんな若松プロ、こんな青春、誰も観たことない———

監督・白石和彌が、「ここではないどこか」を探し続けた映画人のほろ苦くて愛おしい一瞬を描きだす。

http://www.tomeore.com

曽我部恵一 イベントレポート掲載情報

メディア 曽我部恵一
曽我部恵一 イベントレポート掲載情報
曽我部恵一 イベントレポート掲載情報

6月8日に行われた、スペースシャワーTVが主催する音楽とカルチャーの祭典『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2018』のトークセッション『TMO SESSIONS』のレポートが<TIME OUT TOKYO>に掲載されています。

音楽人のサバイブ術
若林恵、柳樂光隆、曽我部恵一が語る都市と音楽の未来

https://www.timeout.jp/tokyo/ja/music/TMOtalk

曽我部恵一の帯文掲載、難波里奈さん『純喫茶とあまいもの』本日発売です。

メディア 曽我部恵一
曽我部恵一の帯文掲載、難波里奈さん『純喫茶とあまいもの』本日発売です。
曽我部恵一の帯文掲載、難波里奈さん『純喫茶とあまいもの』本日発売です。

本日7月3日発売、難波里奈さんの本『純喫茶とあまいもの』に、曽我部恵一の帯文が掲載されています。ぜひお手にとってみてくださいね。

『純喫茶とあまいもの』 難波里奈

¥1,600+税 誠文堂新光社

都内および近郊の人気純喫茶、30店を訪問。そこには飲み物だけでなく、時代を超えて人々を魅了し続ける甘いものがあった。日本全国1700軒以上の純喫茶に通い詰めた著者・難波里奈が都内近郊の純喫茶30店舗を訪問。パフェ、プリン・ア・ラ・モード、ホットケーキ、フルーツサンド、ケーキ、クリームソーダなど、甘いメニューの歴史や秘密を掘り下げる。

手作り、創業当時と変わらない製法、厳選した食材といった味へこだわりのほか、食器、盛りつけ方、色合いなど見た目で楽しめるメニューばかり。食材についてや作り方など、初めて公表した情報もあり。
さらに店内の貴重な美術品、職人技が光るテーブルや椅子、照明といった、お店の佇まいに関する秘話や、店主の経歴や純喫茶にかける思いも綴る。創業当時の建物やメニュー表といった、貴重な記録も特別公開。甘いメニューとお店の歴史がつまった一冊となっている。

http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=5809

曽我部恵一 TV出演情報

メディア 曽我部恵一
曽我部恵一 TV出演情報
曽我部恵一 TV出演情報

本日23時〜放送の、CS映画専門チャンネル ムービープラス の『この映画が観たい』に、曽我部恵一が出演します。曽我部恵一のオールタイム・ベストというテーマで好きな映画を5本紹介しています。ぜひご覧ください。

CS映画専門チャンネル ムービープラス
『この映画が観たい』曽我部恵一のオールタイム・ベスト #58

 7月2日(月)23:00〜23:30
再放送:7月3日(火)10:45~11:15、9日(月)18:45~19:15、19日(木)11:00~11:30、27日(金)18:15~18:45

http://www.movieplus.jp/guide/mybest/

CATEGORY

インフォ ライブ リリース メディア
ライブアーカイブ

ARCHIVE

2018 / 1 2 3 4 5 6 7
2017 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2016 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2015 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2014 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2013 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2012 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2011 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12